サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

【仙台vs山形】木山隆之監督記者会見コメント「今日の悔しさを忘れないように、あとはやっぱり足りないこととできることをしっかり自分たちの胸に刻んで、来季こそはJ1に上がれるように全力でがんばりたい」

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
12月5日(水)仙台 3-2 山形(19:04KICK OFF/ユアスタ/16,604人)
得点者:14’ジャーメイン良(仙台)18’矢島慎也(仙台)32’阪野豊史(山形)36’平岡康裕(仙台)44’阪野豊史(山形)
———–
○木山隆之監督
「お疲れ様でした。ベガルタの関係者の皆様に、ファイナル進出おめでとうございますということを伝えたいと思います。試合に関しては、立ち上がり、少し相手のスピード感とか技量とかにちょっとついていけないことが多かったかなと。もちろん我々もしっかり準備してきたんですが、試合の中に馴染んでいくのにちょっと時間がかかった。その中で失点してしまって劣勢になったのが前半の立ち上がりだったかなと。ただ、そこで点を返してその後すぐにまた返されるんですけど、そこは我々の今の足りなさも当然あると思います。でもそこで崩れずに粘って3−2で(前半を)終えたことは後半に希望が持てたことだったかなと。少しスピード感には慣れたけど、守備のハマりがよくなかったので、少し守備のところをハーフタイムに整理して。あとはマイボールになった時の緊張感に慣れてきたので、もう少し自信を持って自分たちのプレーを出していこうということで、後半の立ち上がりは非常によかったかなと。あそこでなんとか追いつくこと、追いつく勢い、得点する力を出したかったですけど、出し切れなかったなと思います。最後はベガルタの方がうまく時間を使ったり、我々もなんとかこじあけようとしましたけど、至らなかったなと思います。我々の今年一年の公式戦はこれで終わりますが、選手に今言ってきたんですが、今日の悔しさを忘れないように、あとはやっぱり足りないこととできることをしっかり自分たちの胸に刻んで、また来年、始動ももう決まっていますので、しっかり一丸となってチームを作っていって、来季こそはJ1に上がれるように全力でがんばりたいと思います。ありがとうございました」

(残り 1372文字/全文: 2212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題