サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

阪野豊史「(2ゴールは)落ち着いていたし集中できていた」栗山直樹「チームとして、すごく広い範囲を1人が守らされている感じがあった」【仙台vs山形】試合後の選手コメント

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
12月5日(水)仙台 3-2 山形(19:04KICK OFF/ユアスタ/16,604人)
得点者:14’ジャーメイン良(仙台)18’矢島慎也(仙台)32’阪野豊史(山形)36’平岡康裕(仙台)44’阪野豊史(山形)
———–
○阪野豊史選手
「雰囲気だとかスピード感だとか、立ち上がりに自分たちが落ち着いてプレーできていなかった。そのスピードや雰囲気に慣れる前に後手を踏んでしまったので、そこは悔しいです」

(残り 2298文字/全文: 2525文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題