サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

【仙台vs山形】レポート:みちのくダービーは2-3で敗戦。 この悔しさを糧に来年こそ

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
12月5日(水)仙台 3-2 山形(19:04KICK OFF/ユアスタ/16,604人)
得点者:14’ジャーメイン良(仙台)18’矢島慎也(仙台)32’阪野豊史(山形)36’平岡康裕(仙台)44’阪野豊史(山形)
———–
この試合にあたっては、試合日程で大きな差があった。中18日のモンテディオは、試合感覚が鈍るというデメリットとリーグ戦の疲れや傷んでいる選手を回復させて仙台対策の時間が取れるメリット。一方の仙台は、中3日という試合日程で回復しきれないデメリットと、リーグ戦のプレーをそのまま天皇杯にぶつけられるメリットがあった。

木山隆之監督は、「J1の選手のスピード感についていくために、とにかく立ち上がりはセイフティに、自分たちがボールを持つというよりも、相手コートにボールを置いて、守備をしっかりプレスをかけていこう」と、立ち上がりからプレッシャーをかけようとする。

(残り 2806文字/全文: 3220文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題