【サッカー人気2位】急ハンドルを切るときの巧みさ。長谷川健…

Dio-maga(ディオマガ)

【2018 MOM of the year選考会議/vol.1】候補は得点王の小林、成長の栗山、貢献の阪野、ダークホース三鬼。


2018シーズンも各試合のMOM(マン・オブ・ザ・モンテ)投票、ありがとうございました。そして、シーズン終了後に行った年間MOMへの投票も、短い投票期間にもかかわらず、思いのこもったコメントとともに数多くの方にご投票いただきました。重ねてありがとうございました。投票結果を参考に、今年もディオマガライター3人でMOMオブザイヤー選考会議を行いました。選考結果とともに、その激論経過をお楽しみください。
(実施日:2018/12/14)

(参考)
■過去の各賞
●2016年 MOMオブザイヤー 山田拓巳選手
怪我が痛かったで賞 石川竜也選手、佐藤優平選手
コメント賞 山田拓巳選手、渡辺広大選手

●2017年 MOMオブザイヤー 阪野豊史選手
次点 菅沼駿哉選手
今年の伸び太君 高木利弥選手
アディショナルタイム賞 瀬沼優司選手

頼野亜唯子(以下頼) 試合別投票の集計と、年間MOM投票の結果を参考に、今季のディオマガ MOMオブザイヤーを決めましょう。各々の結果はこちらです。

●試合別投票(リーグ42試合のみ)
各試合の1位:3point、2位:2point、3位:1ポイントで集計
1位 小林成豪 39point 1位獲得回数10回
2位 阪野豊史 24point                4回
3位 栗山直樹 20point                   2回
4位 南秀仁        18point                    2回
5位 本田拓也    15point                    2回

●年間MOM投票
1位 栗山直樹   53票
2位 小林成豪   44票
3位 三鬼海    23票
4位 阪野豊史      21票
5位 汰木康也   17票
6位 山田拓巳   16票
7位 熊本雄太   12票
8位 中村駿      5票
9位 松岡亮輔     5票

(残り 3014文字/全文: 3692文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ