「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【新潟vs山形】プレビュー:首位に驕らずハードワークを。この1勝が欲しい魔境新潟戦。

■2019明治安田生命J2リーグ第9節
4月13日(土)新潟vs山形(14:00KICK OFF/デンカS)
———–

第8節を終えて、5勝2分1敗勝点17で7年ぶりの首位に立ったモンテディオ山形。開幕節の単独最下位スタートから7試合負け無しと、好調のまま単独首位にまで順位表を上り詰めていった。

「負けたのも最初の試合で、自分たちの中で確信を得れていない時期だった。それ以降は自分たちのゲームをやってこれたし、結果もついてきている。しっかりキャンプからやってこれた証で、そこは自信を持っていい」(木山隆之監督)

この序盤戦で首位に立ったという結果は決して運だけのものではなく、チームとしての取り組みの成果によって自分たちで掴んだもの。たかが8試合だが、ここまでの努力を無碍にする必要は無い。今年のチームが確立させた硬い地盤を武器に、1試合1試合戦い続ければいい。

(残り 2238文字/全文: 2621文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック