【サッカーパック人気2位】 【北関東ライター通信】第六回『水戸、どうなのよ?』栃木・鈴木(19.1…

Dio-maga(ディオマガ)

【新潟vs山形】片渕浩一郎監督監督(新潟)記者会見コメント「常に追う展開が我々を苦しくしてしまった」

■2019明治安田生命J2リーグ第9節
4月13日(土)新潟 2-2 山形(14:02KICK OFF/デンカS/15,186人)
得点者:41’大槻周平(山形)53’川口尚紀(新潟)59’大槻周平(山形)90’+2渡邊凌磨(新潟)
———–
●片渕浩一郎監督
「2試合連続、土壇場で勝点1を拾うという試合になってしまい、しかもホームでこれだけ多くのサポーターの皆さんに足を運んでいただいたにも関わらず、勝点3が取れなかったこと、すごく申し訳なく思いますし、悔しく思います。また、山形からも多くのサポーターにお越しいただきました、本当にありがとうございました。
前半、山形のプレッシャーをうまく外すことができず、後手を踏んでしまい、先に失点してしまったことで、慌てる時間が多くなってしまったかなという、ちょっとバタバタした前半でした。ただ、ハーフタイムに少しは彼らに勇気を持たせてあげられたかなと思います。後半、ボールを握る時間が増えて、向こうがプレッシャーをかけられない状況を作れたこと、そして揺さぶり、10分、狙い通りの得点を取れたこと、そこまでは前回の岡山戦の反省を教訓として活かすことができたと思います。ただ、得点後の2失点目がまた我々にストレスをかけてきた。あそこのイーブンの時間を少しでも長くすることで、最後勝点3に持って行けたゲームではないか。そういう狙いもありましたので、(勝点3に)持って行けたかなと思うのですが、常に追う展開が我々を苦しくしてしまったかなと思います。ただ、前節同様、選手は諦めずにプレーしてくれましたので、勝点0のところを1にしたことは評価できると思います。ただ、我々が欲しいのは勝点1ではなく勝点3。特にホームでは勝点3を取らなければならない。そういう状況で取れなかったことは、次に活かすということばかりは言っていられませんが、終わったことなので、やはり次節に向けて、みんなで共有してやっていきたいと思います。ただ最低限、勝点1に持って行けたことは、選手の頑張り、そしてサポーターの皆さんの声援のおかげだったと思います。感謝します。ありがとうございました」

(残り 657文字/全文: 1552文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック