田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs栃木】プレビュー:「この野郎木山!俺を使え!!」指揮官が期待する天皇杯栃木戦での奮起。

■第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
7月3日(水)山形vs栃木(19:00KICK OFF/NDスタ)
———–

昨年のモンテディオ山形は天皇杯ベスト4。柏レイソル、FC東京、川崎フロンターレとJ1勢を3チーム撃破して準決勝まで駒を進めたが、準決勝ベガルタ仙台戦では2-3で惜しくも敗れた。

14年の準優勝に次ぐ成績を収めたモンテディオは、今年も一歩でも頂点を目指して戦っていくというスタンスに変わりはない。リーグ戦とはまた違った緊張感が出てくる一発勝負のトーナメント戦、天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会に挑む。

2回戦の相手は同じJ2の栃木SC。リーグ戦では第6節にアウェイで対戦しており、栃木の堅いブロックを崩しきれず、スコアレスドローに終わっている。
最近の栃木は相手も考慮しながらフォーメーションを変えていて、守備ブロックを活かしながら堅守に舵を切っているようにもみえるが、その失点を減らしきれずにいる。4連続引き分けのあと、3連敗と苦しい時期が続いている。

(残り 1857文字/全文: 2302文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック