タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

【頼コラム】蹴れなかったPKと、奪い取ったPKとーー北川柊斗の天皇杯


あっけなく、今シーズンの天皇杯が終わってしまった。対戦した栃木は下位に低迷しているとはいえ同じJ2リーグ。ジャイアントキリングを食らったわけでもなく、リーグ戦に視線を移せばモンテは順位表の一番上にいる。だからそれほどショックは大きくないーーという言い方もできないではないが、この一試合に賭けていた選手個人の心理に想いを致せば話は違ってくる。

「木山さんは天皇杯とリーグ戦でターンオーバーする監督なので、チャンスは来るかなとは思っていました」

開幕戦に途中出場して以来、試合から遠ざかっている北川柊斗にとってもまた、ずっと倦むことなく準備してきた成果を見せる絶好の機会だった。

(残り 999文字/全文: 1284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック