【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

Dio-maga(ディオマガ)

【練習場フォト】今年も粘り強く「モンテ棚田米」の贈呈

今年で9年目の生産となる山辺町大蕨地区の棚田再生事業による「モンテ棚田米」が今年もできあがり、27日の愛媛FC戦から販売が開始される。モンテ棚田米は低アミロース米「里のゆき」という、粘りが強くもちもちとした食感がおいしいと評判の品種。26日にはクラブハウスで棚田を管理しているグループ農夫の会からチームにモンテ棚田米21kgが贈呈された。
「このお米には毎年パワーを頂いている。残り5試合になったので、今年もこの棚田米を食べて力を付けて頑張りたい」とキャプテンの山田拓巳。このモンテ棚田米のように昇格争いが続く終盤戦を粘り強く戦いたいところだ。
モンテ棚田米は、2kg詰めがスタジアム売店特価で税込2,000円(定価2,500円)、300g詰めがスタジアム売店特価で税込500円(定価800円)。10月27日9:30からNDソフトスタジアム山形中央エリアグッズ売店・特設ブースにて販売される。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック