【サッカー人気2位】急ハンドルを切るときの巧みさ。長谷川健…

Dio-maga(ディオマガ)

【ランダムフォーカス】通過点~中村駿選手

3−0と快勝した第38節愛媛戦。ディオマガMOM投票の結果は、貴重な先制点を決めた柳選手を3得点に絡んだ中村駿選手が1票差で制し、1位となりました。

前半、CKのキッカーとして柳選手の先制点を演出し、後半には相手のミスパスをさらって自陣から愛媛GKの頭上を越えるロングシュートを決めて見せた中村選手。センターサークル付近まで出て来ていたGKの裏を狙ってガラ空きのゴールに放り込むのは、簡単そうに見えて意外と枠を外れたりするのですが、中村選手は蹴る瞬間から手応えがあったようです。

「いい感じで僕のところにボールが入って顔を上げた、そのテンポがすごい良かった。自分の中で流れが崩れず、いいところにボールが置けてそのリズムでしっかり蹴れたのがあのゴールにつながったと思います」

試合の流れを決定づける追加点は、クラブの歴史にその名を刻むJ通算1000ゴール目であり、中村選手にとっても自身のキャリアハイとなる今季5ゴール目となりました。

さらに、その1分余り後には坂元選手が同じように自陣からのロングシュートを決めましたが、これも中村選手がボール奪取して入れたパスから。終わってみれば1ゴール1アシスト1アシスト一つ前(?)と、中村選手大活躍の試合でした。

試合終了後にはサポーターとの「乾杯イベント」に参加した中村選手ですが、「J1に昇格して乾杯するのが一番いいです」と、この1勝はあくまでも「通過点」に過ぎないことを強調していました。

「勢いに乗るところは乗って、切り替えるところは切り替えて、次は水戸なのでしっかり叩かないと」

暫定ながら2位をキープして残り4試合。緊張感を強いられる熾烈な昇格争いは最後の最後まで続きそうですが、昇格の乾杯の時を楽しみにしています!

文・写真:頼野亜唯子

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ