サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

山田拓巳「条件的に厳しい中で、最高の雰囲気の中でゲームができたので、やりづらさは感じなかった」本田拓也「自信を持ってすごくいいサッカーが出来た」【大宮vs山形】試合後の選手コメント(※山田選手のコメントを追加)

■J1参入プレーオフ1回戦
12月1日(日)大宮 0-2 山形(13:08KICK OFF/NACK/10,942人)
得点者:73’オウンゴール(山形)82’山岸祐也(山形)
———–
○山田拓巳選手
Q:5年ぶりのプレーオフの舞台でしたが、どのような気持ちでピッチに立ちましたか?
「シーズン通してある程度いい形で進んでいた中で、最後ちょっと失速してギリギリで滑り込んだ形になりましたけど、6位でプレーオフに臨むことは自分たちにプラスだと思っていたので、アウェイの地で、山形からも限られた数の中で来てくれましたし、条件的に厳しい中で、最高の雰囲気の中でゲームができたので、やりづらさは感じなかったですし、試合に臨むにあたってはやりやすかったと思います」

(残り 2648文字/全文: 2974文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック