サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

栗山直樹「今年中に借りを返したいなと思っていたので、それができてよかった」野田裕喜「ずっと準備してきたので、何の不安もなく入れた」【大宮vs山形】試合後の選手コメント

■J1参入プレーオフ1回戦
12月1日(日)大宮 0-2 山形(13:08KICK OFF/NACK/10,942人)
得点者:73’オウンゴール(山形)82’山岸祐也(山形)
———–
●栗山直樹選手

Q:安定した守備でクリーンシート。振り返って。
「ここ数試合、複数失点が続いている中で、この試合はなんとしても引き分けではダメなので、最低限、失点ゼロでないと勝ち上がれないと思っていたので、抑えられてよかったです。個人的に、夏に大宮と対戦した時に3点入れられてしまい、(その時2得点の)シモヴィッチ選手が先発ということで、リベンジするチャンスだと思って強い気持ちを持って臨みました」

(残り 1452文字/全文: 1743文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック