【サッカー人気4位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

Dio-maga(ディオマガ)

【徳島vs山形】木山隆之監督記者会見コメント「前半は非常に狙ったことはやれていたかなと。もちろん、試合の綾もありますし、その中でゴールに向かうプレーが出せなかったのは正直物足りなかった」

■J1参入プレーオフ2回戦
12月8日(日)徳島 1-0 山形(13:08KICK OFF/鳴門大塚/10,376人)
得点者:53’河田篤秀(徳島)
————-
○木山隆之監督
「まずは、勝利した徳島ヴォルティスの関係者の皆様におめでとうございますと伝えたいと思います。次が本当の決戦だと思うので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。それと、今日も多くのサポーターに来て後押しをしてくれたこと、あと、1年を通してどんな場所でも来てくれるファン・サポーターの人たち、テレビで我々を後押ししてくれている方々に、心からお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

試合に関しては、前半は非常に狙ったことはやれていたかなと。もちろん、試合の綾もありますし、その中でゴールに向かうプレーが出せなかったのは正直物足りなかったかなと。ただいろんなところでこれから後半勝負だというスタンスで見ていました。先ほどフラッシュインタビューでも言ったのですが、我々の左は比較的いい形でスイッチが入ることが多かったのですが、右の方がちょっと思ったように攻撃ができなくて、逆に我々の右の奥を、徳島さんの得意な裏を突くプレーで取られたりということがありました。柳がたぶん前半の早い段階で肉離れをしていて、スプリントができないままプレーをしていたので、ハーフタイムに替えました。後半もいろんなことを想定して練習して来た中で、ビハインドを跳ね返す方法もトレーニングしてきたのですが、(松本)怜大も怪我で代えることになってちょっとそこは消化不良になりました。でも勝負というのはいろんなことが起こる中で最後に勝ち切れるかどうかだと思うので、ちょっと足りなかったのかなと思います。ただ選手たちは最後まで次のラウンドに進むために最善の努力をしたと思うので、ご苦労様と言ってあげたいと思います。また次につなげる努力をしていって欲しいと思っています」

(残り 1574文字/全文: 2381文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック