【サッカー人気4位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

Dio-maga(ディオマガ)

栗山直樹「セットプレーで失点してしまったのがもったいなかった」【磐田vs山形】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第1節
2月23日(日)磐田 2-0 山形(14:03KICK OFF/ヤマハ/14,526人)
得点者:13’小川航基(磐田)35’小川航基(磐田)
———–
○栗山直樹選手

Q:開幕戦を振り返って。
「前半はジュビロさんの個の力の圧力を感じながらも、セットプレーで失点してしまったのがもったいなかったです。2本やられてしまいました。粘り強く、流れの中からのプレーはギリギリでも守れていましたし、そこをなんとかゼロで終わらせたかったなと。

(残り 896文字/全文: 1126文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック