【サッカー人気5位】五輪初戦、最大の収穫は谷晃生

Dio-maga(ディオマガ)

【嶋コラム】中断期間とコンディショニング

モンテディオ山形のチームトレーニングが中断してまもなく20日ほどが経過する。リーグ戦が中断してから数えればまもなく2ヶ月になるところだ。
今年の公式戦はどのチームも2月に1試合か2試合行われた程度。その後も含めれば半年以上は公式戦がほとんど行われないのだから、選手たちのコンディションやモチベーションの維持も例年とは全く違うものになっている。

もちろん、見えない故障を抱えていたり、抜けない疲労が溜まっていたりする選手にとっては、思い切って体を休める期間として前向きに捉えられるかもしれない。
昨年のオフ期間も鹿島アントラーズのシーズンオフが6日だけになってしまうなど、一部チームの疲労が抜けないというリーグの日程問題はよく取り沙汰されるので、ある程度なら許容できる場合もあるだろう。疲労を抜く期間は必要だ。

(残り 744文字/全文: 1095文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ