【サッカー人気2位】痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チ…

Dio-maga(ディオマガ)

【あの日のモンテディオ】歴史につながる居残りシュート練習(2005年4月14日)

場所は山形県総合運動公園のサブグラウンド。全体練習後の居残り練習で、ルーキーの佐々木勇人選手(ベガルタ仙台アカデミースカウト)がプレースキックで直接ゴールを狙い続けていました。距離は少し長め30メートルほどだったでしょうか。すぐ後ろでその様子を見守っているのは鈴木淳監督(現JFA指導者養成ダイレクター・インストラクター)。キックの精度がどうだったのか、いまとなっては記憶を辿っても思い出すことはできませんが、語り継がれる“あの”ロングシュートが生まれたのは、この2日後のことでした。

(残り 1084文字/全文: 1326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ