【サッカー人気1位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

Dio-maga(ディオマガ)

【東京Vvs山形】プレビュー:兆しを結果に、好調・東京Vの可変システムと対峙

■明治安田生命J2リーグ 第7節
7月25日(土)東京Vvs山形(18:00KICK OFF/味スタ)
———–


順位は22クラブ中20位。リーグ再開の栃木戦に勝利したあと、3分け1敗と勝利なしでは順位は下降する。それでも、昇格圏内の2位・大宮との勝点差はまだ6差。戦術が機能し結果に結びつけることができれば、けっして遠い距離ではない。そして、その兆しは確実に見えている。

1-1で引き分けた前節・新潟戦は、大槻周平が先制ゴール。毎試合のように決定機を迎えながら決めきれずにいた昨シーズンのトップスコアラーが、ギアをさらに上げそうだ。そのゴールでアシストを記録した熊本雄太もフリーキックから決定機を迎えるなど得点に絡む雰囲気に満ち、右サイドのチャンスシーンでは深く攻め込む迫力も見せる。山岸祐也も中村充孝と絡んだ縦へのカウンターや、対面する相手を1枚剥がして前方に踏み込んでいくプレーが何度も見られた。

(残り 2067文字/全文: 2469文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック