【サッカー人気1位】今こそ語ろう、水戸ホーリーホック激動の…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs京都】石丸清隆監督記者会見コメント「(スタートからの4バックについて)バランスがいいところと、相手に対して色んなものに引っ張られなくて済む形が一番スムーズかなと思った中で今回決断しました」

■明治安田生命J2リーグ 第10節
8月8日(土)山形 3-4 京都(19:03KICK OFF/NDスタ/2,865人)
得点者:22’野田裕喜(山形)31’ピーターウタカ(京都)37’ピーターウタカ(京都)42’山岸祐也(山形)47’山岸祐也(山形)53’ピーターウタカ(京都)87’ピーターウタカ(京都)
———–
○石丸清隆監督
「本当に今日、雨の中、いつもよりたくさんのサポーターが来てくれた中で、勝てなかったのは本当に申し訳なく思います。ゲームの方の評価は難しいというか、最終的には相手のゆったりした中のところから個人に決められたというところで、全体を通してリスク管理のマネジメントの無さが出て、痛い目にあったというゲームだと思います。
逆に決めれるところを決めていれば、もう少し、ひょっとしたらこっちに転んだゲームかもしれないですし、カウンターの質だったり、そこらへんは上げなければいけないと思います」

Q:スタートから4バックを採用しましたが、狙いを教えて下さい。
「バランスがいいところと、相手に対して色んなものに引っ張られなくて済む形が一番スムーズかなと思った中で今回決断しました」

(残り 594文字/全文: 1090文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック