【サッカー人気1位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

Dio-maga(ディオマガ)

山岸祐也「決めれるところをもっと決めれたらもっとチームはラクになるだろうなと思いました」野田裕喜「僕とクマくん(熊本雄太)と相手の2トップのバトルが多くなるとは思ってたんですけど、3バックの感じで対応してしまった」【山形vs京都】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第10節
8月8日(土)山形 3-4 京都(19:03KICK OFF/NDスタ/2,865人)
得点者:22’野田裕喜(山形)31’ピーターウタカ(京都)37’ピーターウタカ(京都)42’山岸祐也(山形)47’山岸祐也(山形)53’ピーターウタカ(京都)87’ピーターウタカ(京都)
———–
○山岸祐也選手
Q:今日の2ゴールについて、それぞれ振り返ってください。
「1点目は足がかかってPK。キーパーを見て逆を取れて、冷静に決めれたかなと思うし、PKは自信があるので外す気はしなかったです。2点目はキーパーが出ているのが見えて、左足にこぼれて来たので、上を狙って打ったらいいシュートが決まってよかったんですけど、それ以外にもシュートするチャンスがあって、その中で決めきれなかった。(ピーター)ウタカ選手はそれを決めて4点取ってるので、やっぱりああいう選手はチームを勝たせると思うし、あの3-2になった状態で1点でも取っていれば、相手チームの息の根を止めれたかなと思います。今日4失点してしまったけど、個人としては決めれるところをもっと決めれたらもっとチームはラクになるだろうなと思いました」

(残り 1419文字/全文: 1927文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック