【サッカー人気4位】岩波拓也が最終ラインのポジションを奪い…

Dio-maga(ディオマガ)

【フォトレポート】どうして4バックだったのか

2度もスコアをひっくり返され、4失点を喫して敗れただけに選手のダメージを心配していたのだが、切り替えの早さは流石プロ選手といったところか。翌々日の練習では笑顔も見せながらアップを行っていた。

もちろん選手たちが現状を何とも思わないわけではないだろう。メリハリは必要だし、緩くなりすぎるのも問題だ。ただ、沈んだ気持ちのまま練習しても何も生まれないということは、ずっとチームを取材している中で感じていることでもある。
こういう時こそ切り替えて次の試合に臨むことが必要だ。

(残り 630文字/全文: 861文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック