【サッカー人気1位】今こそ語ろう、水戸ホーリーホック激動の…

Dio-maga(ディオマガ)

石丸清隆監督 「シュートまで行く部分、ゴールをめざす意識がだいぶ高まったかなと思ってます」【8/10練習後コメント】

5連戦の初戦は4バックで戦い、勝利こそ逃したが、特に攻撃面で大きな手応えを得た。連戦中のトレーニングは多くがコンディショニングに充てられ、戦術を深める時間は限られる。そのなかでどう戦っていくのか。
8月10日のZOOMによる囲み取材では、石丸清隆監督と松本怜大選手に、フォーメーションの話や連戦の戦い方の話などをお聞きしました。

○石丸清隆監督
Q:前節の失点ですが、振り返りではどういったところが課題として出ましたか?
「端的にいうと、2点目と4点目、サイドバックのポジションが若干、センターバックが高く取ってたぶん、そこをウタカ選手に使われたという、同じような点の取られ方というところはゲームが不安定というか、センターバックが苦しんだ点かなと思います。そこらへんは少し、今日フィードバックしました」

(残り 2840文字/全文: 3187文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック