【サッカー人気2位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

Dio-maga(ディオマガ)

山岸祐也「1本でも決めていたら全然違った試合展開になっていたと思う」野田裕喜「自分達が少し焦れて慌ててしまった」【松本vs山形】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第17節
9月5日(土)松本 1-0 山形(18:06KICK OFF/サンアル/2,537人)
得点者:76’セルジーニョ(松本)
———-
○山岸祐也選手

Q:押し込みながら決めきれない試合でしたが、試合を振り返っていかがでしたか?

「前半、凌磨(渡邊)だったり俺にチャンスがあったなかで決めきれなったというのが、今日の敗因じゃないですけど、あれを1本でも決めていたら全然違った試合展開になっていたと思うし、2点、3点入ってもおかしくない試合展開になったと思うんですけど、その中で決めきれなかったというのは、前線やってる自分だったり、他の選手だったりが決めきって試合を決めれる選手にならなきゃいけないなという反省はしています。ただ、シュートまで行けてるシーンはあったので、相手を崩せてないとか、ゴール前に入り込めてないというんじゃなくて、シュートは行けてたけどそれが入ってないという試合だったので、そういうところをしっかり決めて勝てるようにしていきたいと思います」

(残り 1482文字/全文: 1925文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック