【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs北九州】小林伸二監督(北九州)記者会見コメント「テンポよくボールが回らなかったと思っています」

■明治安田生命J2リーグ 第20節
9月19日(土)山形 0-2 北九州(18:03KICK OFF/NDスタ/4,041人)
得点者:6’ディサロ燦シルヴァーノ(北九州)72’岡村和哉(北九州)
———-
○小林伸二監督
「本当に、ゲームのテンポが両方上がる前に点が取れたことは我々にとってすごく良かったんですけど、なかなかテンポが上がらず、ボールをちょっと回すと山形さんのプレスで機能的にボールを回せなかったというのが現状です。テンポよくボールが回らなかったと思っています。
意外とボールサイドを破れそうなんだけど、ゾーンでもう少しでボールサイドに寄せて、幅広い展開があっても、そういうところが上手く行かなかったなと思っています。厳しいゲームだったのは事実で、随分キーパーのファインプレー、山形さんが焦ってシュートを打ったりしているので助かったというのがあって、そういう厳しい中でも追加点が取れた、特にリスタートで取れたというところも、ラインが上がるので、ラインのところを上手く突けたなというところは、上手く情報を取りながらやってくれたと思います。
厳しいゲームでしたけど、2-0のゲームができたことはうちにとって素晴らしいということで、次のホームで、アウェイで厳しいゲームを勝ち取ったので、しっかり準備をして戦いたいと思います」

(残り 973文字/全文: 1535文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック