【サッカー人気4位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs琉球】プレビュー:もう一度アグレッシブな姿勢を。

■明治安田生命J2リーグ 第25節
10月10日(土)山形vs琉球(14:00KICK OFF/NDスタ)
———-

山岸祐也をメンバーから外した前節松本山雅戦は、セットプレーからの失点と、自滅のようなミスが絡んで2失点で敗れた。石丸監督は「ゴールに向かう姿勢とか、ボールを奪う姿勢が、この間は若干緩く感じた」として、チームに改めて積極的なプレーを求めている。

今年のモンテディオ山形のスタイルは「攻守にアグレッシブに」で始動当時から変わりはない。攻撃では自分たちでボールを動かしながら相手の嫌がる前方向のパスを積極的に差し込み、守備では全体を連動させながらボールを奪いに行く。
相手によってその頻度は変わるものの、前節は特にゴール前での積極性が感じられないと指揮官の目に映ったようだ。

(残り 1565文字/全文: 1907文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック