【サッカー人気4位】10月20日のJリーグ臨時実行委員会で…

Dio-maga(ディオマガ)

【フォトレポート】変わることはポジティブなこと

「誰かが居なくなって、勝てなくなったとか言われるのは嫌だったので、僕だけじゃなく皆、今日はすごく120%の力を出せたと思います」とコメントして会場を沸かせたのは、琉球戦でヒーローインタビューを受けた南秀仁。

選手の離脱や移籍はいつどこでも起こりうるが、それでも試合はすぐにやってくる。そういう時だからこそ、より高いパフォーマンスで勝利を目指すのが残された選手のすべきことだ。その点で琉球戦を見ると、戦術的、個人的な課題はあれど、120点の姿勢だったのではないだろうか。
振り返れば、誰かが居なくなったなどと感じる瞬間が微塵もない90分間だった。

(残り 691文字/全文: 961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック