【サッカー人気5位】地域CL閉幕、マラドーナの死、そして南…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs東京V】石丸清隆監督記者会見コメント「非常に難しいゲームでしたけど、選手たちは最後まで足を止めずにやってくれましたし、自分たちの狙いが多く出たゲーム内容かなと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第29節
10月24日(土)山形 4-0 東京V(14:03KICK OFF/NDスタ/4,767人)
得点者:6’渡邊凌磨(山形)32’中村駿(山形)45+2’ヴィニシウスアラウージョ(山形)80’大槻周平(山形)
———-
○石丸清隆監督

「まずは悪天候の中でもスタジアムに足を運んでくれて、雰囲気を作ってくれたサポーターに感謝したいと思います。それと選手も最後まで、5連戦の中でタフに戦ってくれたことは非常に誇りに思っています。

ゲームの方は相手のビルドアップしていくところはある程度想定していて、それでも相手の守備組織というのが少し問題を抱えているというところで、自分たちがボールを持てば上手く突いていけるということは選手にも話していて、上手くやれたかなという部分が、特に前半ですよね。その中で点が取れたのが非常に大きくて、背後の動きも背後の狙いもそうですし、単調にならずに運べたというのが勝因かなと思います。

後半少し3-0のゲーム展開の中で、行けるところと行けないところをはっきりしたのか、ちょっとステイしてもいいという部分で、そこら辺の判断を与えたところの足が止まったかなと思いますけど、後半にも点が取れたというところに関してはチームとしても、最終的には失点もしなかったですし、全体的には前向きなゲームが出来たんじゃないかなと思います。

こういった中で、非常に難しいゲームでしたけど、選手たちは最後まで足を止めずにやってくれましたし、自分たちの狙いが多く出たゲーム内容かなと思います。

(残り 1687文字/全文: 2343文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック