【サッカー人気4位】地域CL閉幕、マラドーナの死、そして南…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs東京V】永井秀樹監督(東京V)記者会見コメント「少しポジショニング含めて、変化をつけながらという狙いの入りが上手く行かなかった」

■明治安田生命J2リーグ 第29節
10月24日(土)山形 4-0 東京V(14:03KICK OFF/NDスタ/4,767人)
得点者:6’渡邊凌磨(山形)32’中村駿(山形)45+2’ヴィニシウスアラウージョ(山形)80’大槻 周平(山形)
———-
○永井秀樹監督(東京V)
「非常に悔しい試合となりました。特に前半ですね。前半に関しては、我々のプランニングどおりに行かなかったところは我々の反省でもありますし、後半に関してだけで言うと、まずまず良かったと思いますが、その辺の反省をきちんと踏まえて、また次に向けて改善したいと思います。
もちろん選手は一生懸命やってくれていますし、ひたむきにトライはしてくれていますが、特に前半、試合の入りのところですね。
立ち上がり、我々のいい時間がある中で、やはりきちんとシュートまでいかない、全てはゴールからの逆算だということを少し、我々自身の満身と言いますか、そこの緩さといいますか、勝負に対するこだわりのとこをもう少し、スタートの入りのところから強く見せられなかったことが残念ではあります。

(残り 918文字/全文: 1382文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック