【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs東京V】レポート:攻守で圧倒して4-0!!最後まで走り続ける価値がきっとある。

■明治安田生命J2リーグ 第29節
10月24日(土)山形 4-0 東京V(14:03KICK OFF/NDスタ/4,767人)
得点者:6’渡邊凌磨(山形)32’中村駿(山形)45+2’ヴィニシウスアラウージョ(山形)80’大槻周平(山形)
———-
「選手たちは最後まで足を止めずにやってくれましたし、自分たちの狙いが多く出たゲーム」と選手たちを称える石丸清隆監督。
ポゼッション対決になるかと思われた大事な一戦は、前半3得点を挙げた山形が攻守で圧倒。5連戦の最後を4-0の快勝で締めくくった。
東京Vのパフォーマンスがやや低調気味だったことを差し引いても、攻守で見せた高いパフォーマンスは十分勝利に値する。「攻守にアグレッシブに」という石丸サッカーを体現する今季ベストゲームの一つになったのではないか。

(残り 2703文字/全文: 3053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック