【サッカー人気5位】「2021シーズンチーム編成診断③ ~…

Dio-maga(ディオマガ)

【千葉vs山形】石丸清隆監督記者会見コメント「前半も後半も、自分たちの意図とは少し違うんですけど、ゴールに向かう姿勢が今日は出たかなと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第32節
11月8日(日)千葉 1-5 山形(14:03KICK OFFフクアリ/3,365人)
得点者:31’ヴィニシウス アラウージョ(山形)38’前川大河(山形)48’中村駿(山形)53’末吉塁(山形)61’ヴィニシウス アラウージョ(山形)83’佐藤寿人(千葉)
———-
○石丸清隆監督

まずここ2試合連続で不甲斐ないゲームだったので、もう少し自分たちのサッカーをというところで、自分たちを見つめていった中でのゲームで、思ったよりも今日グラウンドに来たら、サポーターの方の数が結構多かったので、自分たちの方の、山形のサポーターに勝利を届けようと僕らもかなり勇気付けられました。
勝利を届けることが嬉しく、本当に感謝しています。

ゲームの方は、始めはリズム的に乗れなかったんですけど、相手の4-4-2のブロックがもう少し前掛かりに来るかなと思ったんですけど、少しステイした形でなかなか潜り込めなくて停滞した形になりそうかなというのはあったんですけど、少しトップ下の大河がヘルプしながらボランチのポジションを崩しにかかったところから少し自分たちのペースが取れた印象です。

もともとセンターバックの距離感のスライドは若干問題になっているかなという部分で、背後の動きをもう少し意図的に崩したかったんですけど、その中で取れてはないですけど、そういった形でセカンドボールを拾いながら間を突いて先制点を取れたのが大きかったと思います。

そのあとはグラウンド状況を踏まえてミドルシュートのこぼれ球を拾いにいくことは試合前から話していたことなので、そこら辺は足を止めずにやった選手に感謝したいと思います。

トータル的に前半も後半もまあ、自分たちの意図とは少し違うんですけど、ゴールに向かう姿勢が今日は出たかなと思います。本当に難しいゲームでしたけど5点取れたことはチームにとって前向きな形かなと、初ゴールを挙げた選手もいますし、チームの中でもう一回しっかり共有して、競争しながらもう一度高めていきたいと思います」

(残り 888文字/全文: 1743文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック