【サッカー人気1位】浦議チャンネルのUGとは何者なのか? …

Dio-maga(ディオマガ)

石丸清隆監督「この(対戦)チームが特に上位だから、下位だから、ということでスイッチが入る、入らないというのは本来おかしいかなと思ってる」【11/13練習後コメント】

いよいよ5度目の5連戦も今節がラスト。ホーム連戦となるモンテディオは、4連勝の首位・徳島を迎えます。
全体練習後のコメントは、Jリーグ10月の「月間優秀監督賞」を受賞した石丸清隆監督と、ここ2試合に先発出場している小野田将人選手の登場です。夜の試合、やっぱり寒かったんですね…。

○石丸清隆監督

Q:今節の徳島の印象をお願いします。

「一番、見てても隙がないなと。攻撃的にも可変というか、かなりポジションを変えたりとかして動いてきますし、なかなかつかみどころが難しいなという印象があります。それだけじゃなくて、結構ダイレクトプレーとかも使いますし、垣田裕暉選手とかが前線に立って、ランニングとかをうまく使いながら攻撃を組み立ててるなというふうに見ています。しっかりそれに対応しないと、ポゼッション率というよりも、ゴールに向かう姿勢というのがほかのチームより強いかなという印象です。

守備のところも全員タフにやってきますし、局面的な強度は結構強いので、全体的に守備もかなりいいし、失点数もかなり低いですから、進入するというのはあまりどのチームもうまくできてないイメージです。そこらへんをうまく、突けるところはいまから模索したいと思います。誘導の仕方がうまいのか、全体的な守備の強度というよりも、誘導しているような守備形態なので、前線がガンガンハイプレスをかけてるイメージはないんですけど、うまくボール際で1対1の局面をうまく作ってるなというところがあるので、そこらへんは気をつけたいなと思います。だから、完成度的にはJ2のなかでは一番高いんじゃないかなと見ています」

(残り 3758文字/全文: 4435文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック