【サッカー人気1位】浦議チャンネルのUGとは何者なのか? …

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs金沢】石丸清隆監督記者会見コメント「4点取れたというよりも0で抑えたというのが今日は大きいかなと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第36節
11月25日(水)山形 4-0 金沢(19:03KICK OFF/NDスタ/1,875人)
得点者:10’前川大河(山形)46’渡邊凌磨(山形)54’ヴィニシウスアラウージョ(山形)64’熊本雄太(山形)
———-
○石丸清隆監督

「まずは今日勝てたのは平日のナイターにも関わらず駆けつけてくれたサポーターの声援があったからかなと思います。非常に感謝したいと思います。
ゲームの方で言うと、4-0ですけど、内容的に言うと競った試合かなと思っています。プラン的にも相手がマンツーマンの守備のところでどういう風に崩していくのかというところで、方向性を迷った部分もあって、選手の立ち位置も若干難しくしちゃったのかなと思ったんですけど、大河とかは相手の背中を取るような、バイタルでもらうような意識はかなりあったので助かった部分もありますけど、少しポジションをいじったくらいからスムーズ感は出たと思いますけど、それでも狙ったとおりの形はもう少し作りたかったと思いますけど、4点も取れたので、そこはあまり欲が出てもしょうがないかなという部分ですけど、若干守備のところで闇雲に行くような守備組織が今日は多かったなという部分がチームとしては反省材料かなと。切り替えの部分でボールに行くんですけど、全体がそこで間延びした状況からスイッチを入れると、やっぱりボールは取れないなというのは、ゲームの中でも話をしていたんですけど、なかなか修正がきかなかったなと。
ハームタイムにも言ったんですけど、逆にそうなるとどんどん重たくなりかねないなと懸念したところでしたけど、その辺のいい塩梅の部分が今日は見つけられなかった印象です。
その中でキーパーのビッグセーブもありながら、なんとかチーム全体として、4点取れたというよりも0で抑えたというのが今日は大きいかなと思います。
また次ゲームがあるので、共有しながら次のゲームに向かいたいと思います」

(残り 1654文字/全文: 2473文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック