仙台で僕が犯したかもしれない一番大きなミス(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【甲府vs山形】レポート: 見られなかった本来の姿、苦い味のスコアレスドロー

■明治安田生命J2リーグ 第37節
11月29日(日)甲府 0-0 山形(16:03KICK OFF/中銀スタ/4,127人)
———-
前節・金沢戦で4-0ながら内容的には課題を抱えていた。今節・甲府戦はそれをクリアするための試合でもあったが、内容はさらに後退。無失点で切り抜けたことで勝点1を積み上げることはできたが、アグレッシブにゴールをめざす本来の姿からは遠のいた。

「ゲームのなかでもやっぱり、前半の入りがいままでのなかでも非常に悪い。そこで失点していたら前半でも3点とられていたんじゃないか」(石丸清隆監督)

(残り 2673文字/全文: 2931文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック