【サッカー人気2位】ハーフタイムで劇的に改善された試合、前…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs新潟】石丸清隆監督記者会見コメント「チームとしてこの強度でやっていくという部分を共有していかないと、上にはいけないなという印象があります」

■明治安田生命J2リーグ 第7節
4月11日(日)山形 0-2新潟(14:03KICK OFF/NDスタ/5,289人)
得点者:56’高木善朗(新潟)77’オウンゴール(新潟)
———-

○石丸清隆監督

ホームでの3連敗というのは非常に責任を感じています。本当に申し訳なく思います。ゲームの方は、初め少し相手の圧力に押された部分はありますけど、その強度にも慣れながら、相手に対しても上手くプレッシャーをかけて、相手コートでやる時間は前半増えたかなと思います。
それを上手く利用しながらという得点はなかなか奪えなかったですけど、今いる選手の中でファイトしてくれた印象はあります。
後半に関しても上手くやれていたんですけど、ミスの中での失点というところで、メンタル的にも響いたかなと思います。
ビルドアップのところでの強度、ボランチへの食いつきを上手く利用してという部分は、今までのゲームと比べたら、すごく少なかった印象があるので、全体を通して、新潟さんの強度から劣っている印象があったので、自分たちのやらなきゃいけないところを見直して、チームとしてこの強度でやっていくという部分を共有していかないと、上にはいけないなという印象があります。
今、実際チームとしても、選手の怪我人含めて選択肢が少ない中でやっていますけど、今日初めてスタメンで出た林もそうですけど、初めてこの強度を経験しながら、本人もまだ足りない部分が理解できたんじゃないかなと思います。
それはチーム全体ですけど、そういった部分も含め、クオリティもそうですけど、強度の中のクオリティを求めながらやっていきたいと思います。

(残り 732文字/全文: 1418文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ