【サッカー人気3位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

Dio-maga(ディオマガ)

【嶋コラム】山形というチームの「大前提」

快勝した東京ヴェルディを除く6試合全ての対戦相手に共通するのは、熟練度、質、戦術、スタイルに差はあれど、守備でハードワークして、しっかり体を張って守る意識が強かったことだ。
その東京ヴェルディにしても、負けが込んだ開幕直後と比べて、最近は攻撃から守備への切り替えやプレッシングにも力を入れ始めていて、そこから少しずつチームを立て直そうとしている。

試合の流れで押し込まれる時間はあっても、チャンスがあれば押し返し、そこからさらに前に出て奪いにくる怖さはどこも持ち合わせているのが今のJ2。ある程度ボールを持てたとしても、よほどレベルの高い選手を揃えてなければ攻撃だけで勝ち切ることは出来ない時代だ。

(残り 1149文字/全文: 1446文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ