【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs甲府】レポート:土壇場で生まれた同点ゴール!栗山直樹のヘッドで勝点1を拾う。

■明治安田生命J2リーグ 第12節
5月5日(水)山形 2-2 甲府(14:03KICK OFF/NDスタ/4,695人)
得点者:15’藤田息吹(山形)48’ウィリアンリラ(甲府)70’泉澤仁(甲府)90+6’栗山直樹(山形)
———-

キックオフ直後、林誠道、山田康太の前線2人ははっきりと縦関係に。モンテディオのこの狙いがうまくハマったことを、試合後の甲府・伊藤彰監督のコメントも証明している。

「やはり距離感が近いということで、相手の南(秀仁)君を中心とした中盤の選手たちの距離感があって、我々としては前半からプレッシャーをかけながらラインをコンパクトにしたいのはあるんですが、どうしても1トップの林君に引っ張られてライン間が空いてしまったところがあった」

(残り 3889文字/全文: 4218文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ