【サッカー人気1位】杉本健勇の期限付き移籍加入。またしても…

Dio-maga(ディオマガ)

【水戸vs山形】秋葉忠宏監督(水戸)記者会見コメント「非常にエキサイティングで見ごたえのあるゲームでした」

■明治安田生命J2リーグ 第19節
6月20日(日)水戸 0-1 山形(18:03KICK OFF/Ksスタ/2,150人)
得点者:57’藤田息吹(山形)
———-
〇秋葉忠宏監督(水戸)

「非常に面白いゲームで、選手たちは強気にアグレッシブに、ファイトするところ、走るところ、それにプラスしてしっかりとフットボールをするところ。相手もそうでしたし、我々もフットボールをしてなんとかこじ開けようとする中で、こういう紙一重のゲームをものにできるだけの、これは監督の技量だと思っていますから、選手たちは本当に最後まで90分間ゴールを目指して戦ってくれましたし、しっかりと失点しないように戦ってくれたので、最後のところのひと工夫ふた工夫でゴールをこじ開けるところ、そこに尽きるのかなと思います。
ただ、こういうゲームをやり続けることが大きな成長になると思いますし、やり続けるからこそ勝ちに繋がると思いますから、決して消極的なゲームであったり、逃げているゲームではなく、こういうゲームをなんとかものに出来るだけの成功体験であり、こういうゲームを勝つからこそ、2つも3つも成長できると思いますから、ぜひこういうゲームをものに出来るだけのものを選手に導けたり授けたりできれば、もっともっとチームは良くなっていくんだろうなと思わせてくれる、非常にエキサイティングで見ごたえのあるゲームでした」

(残り 1318文字/全文: 1904文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ