【サッカー人気1位】【特別コラム】スペインと「個の力」の差…

Dio-maga(ディオマガ)

【水戸vs山形】レポート:試合を決めたのはハードワークと藤田息吹の左足!クラモフスキー体制5勝目はまたも無失点。

■明治安田生命J2リーグ 第19節
6月20日(日)水戸 0-1 山形(18:03KICK OFF/Ksスタ/2,150人)
得点者:57’藤田息吹(山形)
———-

「非常にエキサイティングで見ごたえのあるゲームでした」

このコメントは、敗れた水戸・秋葉忠宏監督のもの。敗れた悔しさ以上に、フットボールとフットボールが共鳴し、緊張感ある90分を戦えたことによろこびを感じているようだった。

「こういうゲームをやり続けることが大きな成長になると思いますし、やり続けるからこそ勝ちにつながると思いますから、けっして消極的なゲームであったり、逃げているゲームではな」いと、ポジティブなメッセージを発していた。ゴールネットは両チーム通じて一度しか揺れなかったが、ゴールを求め合う激しさにあふれる試合だった。

ともに2-0で勝利した前節からメンバー変更はなし。唯一、モンテディオは藤嶋栄介の負傷により、前節途中からピッチに入ったビクトルがそのまま8試合ぶりで先発メンバーに名を連ねた。

(残り 3138文字/全文: 3571文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ