【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

Dio-maga(ディオマガ)

大津祐樹選手「ゲーム内容を考えたらそこまでネガティブなゲームじゃなかった」ルキアン選手「逆転できるという思いがあった」【磐田vs山形】試合後の磐田選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第23節
7月17日(土)磐田 1-2 山形(19:03KICK OFF/ヤマハ/6,960人)
得点者:1’林誠道(山形)37’中原輝(山形)53’ルキアン(磐田)
———-
〇大津祐樹選手

Q:13試合ぶりの敗戦となりましたが、今日の試合を振り返っていただけますか?

「最初のほうに失点を続けてしてしまったので、そういうのはチームとしてなかなか苦しい展開になってしまうなというところで、ただ、もう1点、もう2点取りにいって追いつけるチャンスもありましたし、ゲーム内容を考えたらそこまでネガティブなゲームじゃなかったのかなと思ってるんですけど、ただ僕たちは優勝することを目的として試合を行っているので、こういう一戦も絶対に落としてはいけないし、そういったところはまだまだ課題な部分ではあるのかなと感じます」

(残り 1947文字/全文: 2310文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ