【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

Dio-maga(ディオマガ)

【磐田vs山形】レポート:首位・磐田にダブル達成、中断前の一戦で連勝を6に伸ばす

■明治安田生命J2リーグ 第23節
7月17日(土)磐田 1-2 山形(19:03KICK OFF/ヤマハ/6,960人)
得点者:1’林誠道(山形)37’中原輝(山形)53’ルキアン(磐田)
———-
まさに電光石火の一撃だった。

キックオフは磐田。いつものようにボールを下げたところからつなぎに入るが、林誠道と山田康太が前線からボールをチェイス。蹴らせたボールの競り合いでファウルを誘うと、自陣左サイドからやや早めにリスタートした。國分伸太郎から山﨑浩介、右方向にスライドしながらボールは右サイドの半田陸へ。ここには大津祐樹がアプローチしてきたが、間合いを詰められる前に半田は縦に大きく蹴り出した。大きなスペースに走り込んだのは中原輝。しっかりと顔を上げると、ゴール前には相手ラインを押し下げた林誠道が見えた。

(残り 4286文字/全文: 4640文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ