【サッカー人気3位】公式戦さながらの厳しさで臨んできたHo…

Dio-maga(ディオマガ)

【長崎vs山形】松田浩監督(長崎)記者会見コメント「点差が開くまでは、先制しても気が抜けないなという手強さは常に感じながらやっていました」

■明治安田生命J2リーグ 第25節
9月14日(火)長崎 5-1 山形(19:03KICK OFF/トラスタ/2,232人)
得点者:18’エジガルジュニオ(長崎)35’植中朝日(長崎)45’植中朝日(長崎)51’植中朝日(長崎)63’野田裕喜(山形)65’玉田圭司(長崎)
———-
〇松田浩監督

「選手が勇敢なプレーを続けてくれて、いい結果が出たなと思います。5得点というのは、相手がかなり前に来てくれたことで起こったことかなと思いますけど、相手の勢いというのは、ここのところ順位を上げている上昇志向のチームだなと感じさせるキビキビ感や力強さは感じていて、点差が開くまでは、先制しても気が抜けないなという手強さは常に感じながらやっていました。
ただ、結果的に点差が開いた時には選手をたくさん代えることができたし、次節に向けてはまた選手層が厚くなった意味で良いゲームができたなと。
久しぶりの選手、フレッシュな選手もいましたけど、常に準備してくれていたのがこういう結果に繋がったと思います。
改めて頼りになる選手が多いなと感じた試合でした」 

(残り 861文字/全文: 1326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ