【サッカー人気3位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

Dio-maga(ディオマガ)

【愛媛vs山形】プレビュー:残り試合で何かを起こすために。先制して流れを掴みたい愛媛戦。

■明治安田生命J2リーグ 第31節
9月25日(土)愛媛vs山形(19:00KICK OFF/ニンスタ)
———-

「流れに乗っていける場面もあると思いますし、パフォーマンスを良く改善していければ、何が起こるかわからない」(京都戦後・クラモフスキー監督)

残り12試合で昇格圏内にいる2位磐田との勝点差14。「残り試合数=追いつける勝点差」という一般的な見方で言えば、今の山形はデッドラインを越えている状態だ。

もちろん、ここから1試合1試合食らいついていけば、最終盤で状況が変わっている可能性は十分にある。ここからの山形は、そんな何かを起こすために一つずつ勝利を目指す戦いとなる。

(残り 2064文字/全文: 2354文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ