【サッカー人気5位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

Dio-maga(ディオマガ)

山田康太「うまく自分たちのプレーを表現できた」山﨑浩介「ここ数試合、ずっと先制点を取られていて、後ろの人間として責任を感じてました」【愛媛vs山形】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第31節
9月25日(土)愛媛vs山形(19:03KICK OFF/ニンスタ/2,134人)
得点者:18’山田康太(山形)52’山田康太(山形)59’ヴィニシウスアラウージョ(山形)63’ヴィニシウスアラウージョ(山形)
———-
〇山田康太選手

Q:自身2得点の振り返りと、愛媛をうまく崩す攻撃ができていたと思いますが、前節からの変化を聞かせてください。

「今日の2ゴールはチームとしていい形が表現できていたというか、自分たちのよさが生まれたからこそ崩せて、また最後は自分だったというだけで、チームメートに感謝したいですし、愛媛を崩すというよりかは、自分たちの理想とするものを追求していこうというところはぶらさずにやっている中で、多少の自分なりの工夫というか、どういう立ち位置を取ったり、どういうプレーが有効かというのは考えながらやってましたけど、特別、相手に対してというような準備はチームとしてはあまりしてなかったので、うまく自分たちのプレーを表現できたかなという感じです」

(残り 1477文字/全文: 1928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ