今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

Dio-maga(ディオマガ)

樺山諒乃介「やっと1点取れたというのはひとついい収穫ができた」中原輝「ダービーですし、勝ちというものが自分たちのホームで勝つために、自分の得点で勝利に貢献できたという部分は非常にうれしく感じます」【山形vs秋田】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第33節
10月10日(日)山形 1-0 秋田(14:03KICK OFF/NDスタ/6,779人)
得点者:4’樺山諒乃介(山形)83’中原輝(山形)78’沖野将基(秋田)
———-
〇樺山諒乃介選手

Q:前半早い時間帯の先制ゴールというところと、山形にきてから初めてのゴールというところで、ゴールの感想を聞かせてください。

「ゴール自体は康太くん(山田)がきれいに崩してくれたので、あとはゴールに入れるだけだったんですけど、来てからずっと自分が思ってた、モンテディオでのプレーとか、思ってたような結果がなかなか残らなかったので、やっと1点取れたというのはひとついい収穫ができたんじゃないかなと思います」

(残り 1340文字/全文: 1652文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ