【サッカー人気5位】今キャンプ初となるセットプレー練習を実…

Dio-maga(ディオマガ)

千田海人選手「ボールの取りどころがいまいちはっきりされていなかった」沖野将基「前半はもっともっと切り替え早く自分たちがやれたと思う」【山形vs秋田】試合後の秋田選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第33節
10月10日(日)山形 1-0 秋田(14:03KICK OFF/NDスタ/6,779人)
得点者:4’樺山諒乃介(山形)78’沖野将基(秋田)83’中原輝(山形)
———-
〇千田海人選手

Q:今日の試合について、見つかった課題を教えてください。

「まず、失点がかなり早い時間帯でしてしまって、そこは前回でも出ていた課題なので、そこをしっかり反省してきたつもりなんですけど、試合でまた出してしまったので、そこはチームとしてしっかり締めなきゃいけないと思います。ゲームの中の話をすると、取りどころがいまいちはっきりされていないというのと、取りどころがわからないままズルズル試合の時間を流してしまって、もっとどこかのタイミングでしっかり全員でコミュニケーションを取って、どこで取るのかだったり、一体感をもって取る場所というのを明確にしていかなきゃいけなかったのかなと思います。2失点目も、やられる前に取れるシーンがあったと思うので、そこもしっかり取れていればということだと思うので、次に反省して生かしたいです」

(残り 1986文字/全文: 2454文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ