【サッカー人気4位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

Dio-maga(ディオマガ)

【相模原vs山形】プレビュー:相手は残留へ向け必死の相模原、勝利への執念で上回れ!

■明治安田生命J2リーグ 第34節
10月16日(土)相模原vs山形(14:00KICK OFF/ギオンス)
———-

立ち上がりからのチャンスはどの試合も作れている。そのなかで、先制点が取れれば試合を優位に進めることができ、勝利にも結びついている。クラモフスキー体制で先制した11試合はすべて勝利。一方、先制を許した9試合は2勝2分5敗。はっきりと明暗が分かれている。

先制すれば勝てる。ならば先制すればいい。しかし、そこまでわかっていても、それをめざして臨んだいくつかの試合では決定機を逃し、そのうちに相手に先に決められてしまうパターンとなっている。ピーター クラモフスキー監督は「完璧なパフォーマンスだったり、完璧な試合ができればいいですけれども、フットボールはいつも完璧になるわけではないと思っています」と話す。試合を「先制点ガチャ」にしないために、フィニッシュ周辺の精度向上と、守備の局面での強度や危機察知は今後も高められていく。

(残り 2639文字/全文: 3058文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ