【サッカー人気3位】「あらためて感じたアツマーレの環境の素…

Dio-maga(ディオマガ)

【相模原vs山形】高木琢也監督記者会見コメント「ある程度は山形さんの方にボールを運ばれながらという展開は想定していましたけど、ちょっとなかなか、上手くプレッシャーがかからない時間帯があった中で、失点という流れになったと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第34節
10月16日(土)相模原 0-1 山形(14:03KICK OFF/ギオンス/2,362人)
得点者:45’中原輝(山形)
———-
〇高木琢也監督

「まず、天候が悪い中、ファンサポーターの方々にしっかり勝点3を取るゲームができなかったことは非常に残念に思います。次のゲーム、ホームゲームに関しては勝つことが非常に大事になってきますので、次のゲームからは、もう一度切り替えてしっかり臨んでいきたいと思います。
試合の方は、ある程度は山形さんの方にボールを運ばれながらという展開は想定していましたけど、ちょっとなかなか、上手くプレッシャーがかからない時間帯があった中で、失点という流れになったと思います。
なかなか本職でない選手を使っているというのもあるんですけど、その辺は彼らの責任ではなく自分自身も起用しましたし、その理由としてもボールを持ちたかった。そういう中で、比較的前の選手ということで彼らの特徴も出せるようにしたかったですけど、それができなかったということが、結果負けてしまったことも大事ですけど、そういう目的や狙いが全くできなかったことが、僕自身、非常に強く反省として。
なんとか相手に押し込む時間を作りながら得点機に繋がれるようなこともあったと思いますので。その辺の選手たちの姿勢は非常に評価できるものだと思います。
とにかく、残りの試合を含めれば勝点3を取りに行くことは、これからも続けなければいけないですし、次のゲームに向けてとか、これからのゲームに向けての対策や対応というのは、今以上に持ちながら臨んでいきたいと思います」

(残り 1117文字/全文: 1799文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ