【サッカー人気2位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs町田】レポート:前半2-0から後半5失点、何が起きたのか?

■明治安田生命J2リーグ 第40節
11月21日(日)山形 3-5 町田(14:03KICK OFF/NDスタ/5,004人)
得点者:5’半田陸(山形)23’ヴィニシウスアラウージョ(山形)58’土居柊太(町田)60’太田修介(町田)72’鄭大世(町田)85’平戸太貴(町田)86’鄭大世(町田)90+1’マルティノス(山形)
———-
2-0のリードで折り返した試合は、終わってみれば3-5。モンテディオは町田を相手に後半だけで5失点を喫した。今シーズン、長崎に5失点する試合はあったが(第25節)、今回は30分ほどの間に次々とゴールを割られていく体験はなかなかできるものではない。

町田・ランコ ポポヴィッチ監督は試合後、こう話している。

「皆さんには5点を取った後半だけを評価してほしくないなと。もちろん結果というのは大事ですけれども、0-2で負けていた前半でも質の高いものを我々が見せられたと思っていますし、後半だけがよかったわけではない。ただ、決めきるのか決めきれないのかという差は確かに後半が決めきったという部分で上だったと思います」

同じことはモンテディオにも言える。前半だけがよかったわけではない。アディショナルタイムに一矢報いるマルティノスのゴール以外にも多くのシュートチャンスがあり(公式記録では9本)、ピンチの芽を摘んだディフェンスやボールを前に運ぶためのビルドアップの工夫も随所に見られた。ただそのなかで、いくつかの変化は確かにあり、それがスコアにも表れた。

(残り 4754文字/全文: 5390文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ