今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

Dio-maga(ディオマガ)

瀧澤修平「一日一日積み重ねて準備してきたことを結果で証明したかった」山田康太「ゴールを決めたが、自分の力のなさを感じる一戦になった」【金沢vs山形】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第41節
11月28日(日)金沢 2-1 山形(14:04KICK OFF/石川西部/3,143人)
得点者:79’瀬沼優司(金沢)86’山田康太(山形)90+3’瀬沼優司(金沢)
———-
〇瀧澤修平選手

Q:山形に移籍してからの初出場、初先発でしたが、この試合に向けてどのような準備をしてきたのかを聞かせてください。

「モンテディオはセンターバックに素晴らしい選手が多いのでなかなか出番はなかったんですけど、一日一日積み重ねて試合に出られる準備というのはしていました。ベンチ外の選手たちも誰も手を抜かずにやっているというのを結果で証明したかったんですけど、そこはうまくはいきませんでしたけど、一日一日準備していました」

(残り 1538文字/全文: 1858文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ