【サッカー人気5位】西川周作が新たなムードメーカーに新加入…

Dio-maga(ディオマガ)

【金沢vs山形】レポート:金沢の生き残りへの執念を凌駕できず、瀬沼優司のカウンター2発に沈む。

■明治安田生命J2リーグ 第41節
11月28日(日)金沢 2-1 山形(14:04KICK OFF/石川西部/3,143人)
得点者:79’瀬沼優司(金沢)86’山田康太(山形)90+3’瀬沼優司(金沢)
———-
降格圏の19位から脱するためにこの試合で打った手を、金沢・柳下正明監督が総括で説明している。やや長くなるが、その部分を引用する。

「勝つためのプレーをしてくれたかなと。自分たちでボールをビルドアップして崩してという時間はそうはないだろうと。チャンスがあるとしたらやっぱりカウンターから何度かあるだろうと。

ただその前に山形の攻撃力、人の動き、ボールのテンポ、スピード、そういうところから危ない場面はあるだろうけど、そこを25分粘り強く凌ごうと。そういったところをすべて、選手たちが一つになってやってくれたおかげで、最後も劇的なゴールが生まれたと思う。

外から見たら守備の時間が長くてと思うかもしれないけど、山形のサッカーというのは、どことやっても相手よりもチャンスを多く作り出せているチームなので、それに対して打ち合うというのは、いまの状況のツエーゲンにはできない。勝点3を取るためには今日みたいなサッカーをするしかない。それを選手たちは最後までやってくれた」

まさに、このプランを完遂して勝利をつかんだことになる。残り2試合となった段階で、勝点3の可能性を最大限に模索した結果だった。決勝点はアディショナルタイム。1-2、モンテディオはまたも勝利に届かなかった。

(残り 3611文字/全文: 4246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ