【サッカー人気1位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs北九州】ピータークラモフスキー監督記者会見コメント「良いパフォーマンスを出せるようになったと思うが、まだやるべきことがある」

■明治安田生命J2リーグ 第42節
12月5日(日)山形 5-1 北九州(13:03KICK OFF/NDスタ/6,388人)
得点者:26’ヴィニシウスアラウージョ(山形)29’ヴィニシウスアラウージョ(山形)57’ヴィニシウスアラウージョ(山形)61’ヴィニシウスアラウージョ(山形)79’富山貴光(北九州)88’林誠道(山形)
———-
〇ピータークラモフスキー監督
「まずは記者会見に遅れたこと申し訳ありません。今、選手たちもサポーターがファミリーだという話をしていましたけれども、私達はファミリーと一緒にいました。勝利でファンと喜び会えたことが良かったと思っています。そして今、家族と過ごす時間が少しあったので、本当に良い形でシーズンを終えられたと思っております。

まず、フットボールのパフォーマンスを強く出せていたと思いますし、その中で良いゴールを決めることが出来たと思います。そして選手たちが必死にハードワークして、5ゴール、良いゴールが決まったと思いますし、ファンを勝点3で喜ばせることができて嬉しく思っています」

(残り 2058文字/全文: 2519文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ